目次 > 年間の行事案内 > 節分追儺式前夜祭

年間の行事案内

節分追儺式前夜祭

2月2日 午後3時祭典 祭典終了後福豆まき(午後4時予定)

一年を二十四に分ける節気のうち四季の節目を指す立春・立夏・立秋・立冬のうち、特に冬(陰)から春(陽)に移り変わる立春が、節気による正月節として重視されたため、一般的には立春の前日を節分と呼んでいます。

古くは文武天皇の御代に全国で疫病が蔓延したため、宮中において初めて執行されました。当時は「大儺(たいな)」と呼ばれていましたが、後に疫病の原因と考えられた鬼を追い払うことから、名称も「追儺(ついな)」と呼ばれるようになり、室町時代以降、神社や民間でもこれに倣って、現在のように節分の日に定めて豆を撒きながら鬼を払い、福を迎える祭事として今日に伝えられています。

当社では、2月2日に「節分追儺式前夜祭」として、毎年2月2日に神事を行うとともに、裃を着けた氏子崇敬者の年男・年女達による豆撒きで大変賑わいます。

ただいま節分追儺式前夜祭「年男年女」として 豆まき参加者を募集しております。 
立春に先立ち福を招いて日々の安寧を願いましょう。 
お生まれの干支に関係なく、希望者どなたでもご参加いただけます。 
お誘いあわせの上、ふるってご参加ください。

◎日時: 2月2日 午後1時半より裃着付け開始
◎参加費: 1万5千円。福升代2千円
(記念撮影、神札、福豆、福物付き)
◎服装: 平服(洋服、和服どちらでも)。足袋のみご用意ください。
服の上に裃を着けて豆まきを致します。

お申し込みは雪ヶ谷八幡神社社務所まで。 
詳細、ご不明な点等はお問い合わせください。

このページの先頭へ
兼務社 道々橋八幡神社田園調布八幡神社石川神社
神社本庁  東京都神社庁